守成クラブ「がんばれ」代表インタビュー

守成クラブが発行する冊子「がんばれ」にて、弊社SEESAA代表である大山が受けたインタビュー内容が掲載されました。
 
大山は、昨秋富山市荒川新町に移転した社屋にある学習塾運営の「スイッチオン」、建築・テナント業の「シーサー、不動産業の「ステージプラン」等の代表を務めています。
 
スイッチオンでは2013年、個別指導学習塾「やる気スイッチグループ」の代理店経営を開始。

やる気スイッチの強みは、学習のつまずきを分析するツール生徒毎性格・潜在能力診断、目標達成までの距離感をつかむ指導法など。講師教育の仕組みも他塾にないものとなっています。

今回のインタビューでは、今年8月から新たに開始するプログラミング教室「HALLO(ハロ)」を紹介致しました。

やる気スイッチの指導法と、世界最高峰のIT企業「Preferred Networks(プリファードネットワークス)」が作成したプログラミング教材を掛け合わせ、これからの子供たちに必要不可欠なプログラミング的思考を培います。

私共は、精度の高い眼で広く世の中を見てリンクさせ、社会に求められる「モノ」を提供し続けます。 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。