新年のご挨拶・北日本新聞 インタビュー

新年、明けましておめでとうございます。

平素はご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。

2021年も、より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

ところで、1月4日付の北日本新聞にて、弊社SwitchON代表である大山が受けたインタビュー内容が掲載されました。

大山は、昨秋富山市荒川新町に移転した社屋にある学習塾運営の「スイッチオン」、建築・テナント業の「シーサー」、不動産業の「ステージプラン」等の代表を務めています。

スイッチオンでは2013年、個別指導学習塾「やる気スイッチグループ」の代理店経営を開始。

やる気スイッチの強みは、学習のつまずきを分析するツール生徒毎性格・潜在能力診断目標達成までの距離感をつかむ指導法など。講師教育の仕組みも他塾にないものとなっています。

今後スイッチオンでは、オンライン授業プログラミング教育等、積極的に展開していきます。

そして今年は、社会や人が『何を求めているのか』の理解を深め、新たなビジネスを構築する年にしたいと考えております。

私共は、精度の高い眼で広く世の中を見てリンクさせ、社会に求められる「モノ」を提供し続けます。

本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。